環境方針

双信電機グループ環境方針

  1. 法令・協定・顧客との取り決めおよび自主基準を順守する。
  2. 環境目標を設定し、組織的・継続的な環境負荷低減活動を地域社会とともに推進する。
  3. 環境に配慮した製品の開発・設計・製造販売を行う。
  4. 環境汚染の予防処置と監視を行う。
  5. 教育・啓発活動を進め、従業員および事業に関わる人々すべての役割・責任についての自覚高揚を図る。

環境保全活動の推進体制

環境保全に関する双信電機グループの方針・施策は、環境管理担当役員を委員長とする「環境委員会」で決定します。ここで決定した方針・施策は、各サイトの拠点長、環境管理責任者を通じて全社に展開されます。
環境組織の活動として、半期ごとに開催される環境委員会の他、環境会議を毎月開催し、CO2排出量や産業廃棄物排出量などの目標に対する予実管理のほか環境に関する情報交換などを行い、環境保全活動を継続的に推進しています。

SDGs:持続可能な開発目標への対応

双信電機グループは、国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」を指標に事業活動を通じて幅広く社会における課題の解決に貢献することが重要な社会的責任であると考えます。
双信電機グループが対応し得る5項目について、提供価値を具体化し活動を行っています。
会社の成長と共に、貢献できる項目を増やして行くことで、経済成長に寄与できる様に活動して参ります。

ISO14001認証・環境監査

双信電機グループは、環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001:2015年版の認証取得しています。環境監査は認証機関による外部監査、環境管理部による環境査察、実行部門が行う内部環境監査を実施しマネジメントシステム維持向上に努めています。

環境マネジメント体制

ページトップに戻る